いい家選ぶって面白い!いえらぶの入社時引っ越し手当とは

#いえらぶカルチャー

2021.12.15 WED

いえらぶの「入社時引っ越し手当」とは

いえらぶGROUPでは、新卒内定者期間中に引越す方を対象に、
最大20万円の補助金をお渡ししています。

オフィス周辺に住むには非常に好都合な制度です。

なぜ手当を用意しているのか?

一つの理由としては、
職住近接を実現することで、通勤時の移動によるストレスを緩和でき、仕事に効率的に打ち込めるようになるからです。
環境のガラッと変わる新卒1年目へのフォローの一つです。
こうした制度があることで、同じエリアに住む社員が自然と増えます。なので、先輩や同期と一緒に帰ってたくさん話したり、家が近い人で集まってホームパーティーを開いたり(!)、仲良くなりやすいという一面もあるんです。

二つ目としては、
社会人一歩手前のフェーズで、「家を借りる」という経験を積んでみてほしいからです。
人生に不動産の契約はつきもの。不動産はかかる金額も高額で、法律も複雑です。この人生の局面を、なるべく早いうちに経験して人生経験の幅を広げてほしいと思っています。
また、単純に住まいを選ぶ面白さを楽しんでほしい!という想いもあります。

ちなみに上のおしゃれな部屋の写真に写っている人物は、家探し~お部屋作りに凝った結果、取材までされた弊社エンジニア・市野です(笑)。

市野「会社の近くに住んでいるので通勤が本当に楽です。入社時引っ越し手当や住宅手当のおかげで、その分趣味にお金を使えていますね。インテリアにもこだわったら、取材されました。」

▼取材された記事はこちら
https://www.athome.co.jp/ag/25202/

早い段階で不動産を知ることのメリット

ずばり、いえらぶで働くうえで大いに役立つことになります!

まず、ユーザー目線で不動産業を知ることができること。
不動産業について勉強することとセットで引っ越しをすれば、よりリアルに不動産業への理解を深めることができます。
不動産業界のニーズとエンドユーザーのニーズ双方をつかむことができるのです。

次に、ミッション達成のために、必要なものが見えてくるということ。
テクノロジーの力で、こんなサービスができたら便利だな、こういった業務をデジタル化していけるな、といったアイディアを創出することができます。いわば事業に繋がっていく気づきなので、非常にワクワクする瞬間を味わえます。

実際に引越しをした内定者からは、
「不動産会社さんとやり取りしたことで、どれだけ不動産業務に人の手間がかかっているかを実感できた。」
「自分が持っている家具を、新しい部屋に配置できるか確認できる計測サービスをつくりたい。」
「契約などで、不動産会社に出向かなくてはいけない機会があった。ここをオンラインで完結できるようにしたい。」
といった感想やアイディアが出てきています。
不動産テック企業としての使命を果たそうと、やる気が上がる内定者も見かけます。

内定者のうちから業界のことを知り、不動産テックで新しい未来をつくっていくことを楽しんでほしい。心からそう願っています。

そうして、いえらぶの企業理念
「想いを形にして、笑顔と夢中を創造する。」
を体現している仲間が増えたら、とても嬉しいです。

おわりに

いかがでしたか?
いえらぶの制度についてもご紹介させていただきました。

少しでもいえらぶのことを知っていただけたら幸いです。

いえらぶGROUP新卒採用サイトはこちら
https://www.ielove-group.jp/recruit/newgrad/entry/

いえらぶ人事部 竹田Twitter
https://twitter.com/Takeda_Proptech

いえらぶ人事部 中野Twitter
https://twitter.com/nakano_ielove