【選考中の学生必見】面接でよくある質問にお答えします

#採用 #新卒 #いえらぶカルチャー

2021.11.06 SAT

就活生の皆さん、こんなことを思ったことはありませんか?

「企業は新卒に何を求めているの?」
「ぶっちゃけ、人事ってどこをみて合否を出してるの?」
基準が不明瞭に感じることもありますよね。

また、昨今のコロナ禍では、
「オンライン面接だと、企業の実際の雰囲気がわからない」
といったモヤモヤを感じるのではないでしょうか。

今回の記事では、現役新卒採用担当がこうした質問にお答えしていきます。

Q いえらぶで活躍している人には共通点がありますか?

竹田:自分が面白いと感じることをどんどん発見できる人ですね。まだまだ開拓の余地がある不動産テック市場でサービスを手掛けている会社なので、「挑戦する機会」に非常に恵まれています。そのため、絶え間なく複数のプロジェクトが進行している、常に駆け抜けている会社です(笑)。入社のタイミングではまだ見つけられないとしても、仕事に取り組むにつれ自然と見つけていくことができると思います。さらに、自分の感性に基づく「これができたら面白いんじゃないか」を実現していきやすい環境なので、行動に移している社員が成果を出しています。

中野:新卒1、2年目の時点で結果を出している社員をみると、「後輩力」に長けた人が多いとも感じますね。自分一人で抱え込むのではなく、周りをうまく頼っていける子たちです。先輩や上司など周囲から様々なことをインプットして、自分なりにアウトプットしていっているなと思います。変化が著しい会社だからこそ、変化に柔軟に対応していける人は強いです。

Q 配属先はどのように決まりますか?

中野:配属先は自分から希望を出して決めていきます。会社としても本人の適性をみて判断しますが、ほとんどの人が希望部署に配属していきます。
こうした自由があるのも、配属希望を提出する前に職種体験をしてもらうことが大きな理由です。ファーストキャリアを決める前に、どんな仕事内容か・どんな人とやっていくのかを体感することができるため、自ずと自分の適性が把握できます。自分でファーストキャリアを決めた実感が当事者意識の強さにもつながるので、こうした希望制を採用しています。

Q 転勤はありますか?

竹田:原則、ありません。例外は①本人が希望を提出したとき、②部署立ち上げなど会社の拡大のためにリーダーとして推薦する場合、の大きく2つです。会社から無理やり言い渡すことはないのでご安心ください(笑)。
なお、エンジニア職のみ、東京勤務限定になります。

Q 男女比率はどれくらいですか?

中野:男性6:女性4くらいですね。性別や年次に固執するのではなく、各々が出した成果を踏まえて評価に至る会社です。女性だからと変に優しくされることもないので居心地がいいです。

Q 会社の雰囲気は、チーム重視ですか?個人重視ですか?

竹田&中野:チーム重視です。

中野:平均年齢28.6歳と若い社員が多く、距離が近い状態で仕事ができますね。個人で淡々と仕事をこなしている感覚はほとんどありません。上司やマネージャーとのコミュニケーションが取りやすいので、働きやすいなと思います!

竹田:創業期から自社サービスを手掛けてきた歴史から、個人では仕事は完成しないし、自分だけでは成長はできない、という価値観が形成されているのかもしれません。現に今も、部署の垣根がなく、コミュニケーションが図れる環境です。異なる職種で教え合い、補い合い、時には思い切り議論する。会社全体で一つのチームだなと感じています。

Q 不動産って人口減少に伴って業界が伸びなくなると聞いてるんですが、不動産テックも伸びなくなるんじゃないでしょうか?

竹田:実は、不動産テックは今後も伸びる市場です。矢野経済研究所の調査(※)でも、市場規模がここからわずか5年で倍増すると予測されています。
ここまで成長性があるのは、不動産業界のIT化が今なお進んでいないためです。
人口減少といった社会問題もあり、日本のDX推進は急務になっています。コロナウイルスの流行後、業界従事者からもIT化を叫ぶ声が目立つようになりました。
限られた人的リソースでの事業運営を強いられている不動産会社にとって、当社が手掛ける業務支援型のSaaS「いえらぶCLOUD」のようなDXツールは課題解決に最適な手段として重宝されています。
人口減少といった社会問題が深刻化するほど、不動産テックのニーズはむしろ高まっていくといえます。

※「不動産テック市場に関する調査を実施(2021年)」株式会社矢野経済研究所
https://www.yano.co.jp/press-release/show/press_id/2770

Q ITに明るくなくてもいえらぶには入れますか?もしくは、不動産に関心がなくても、不動産テック事業ってやりがいを見出せますか?

竹田:入れますよ!選考中の時点で、ITの知識がまだなくても問題ありません。入社される場合にはドンドン勉強していってもらうことにはなります!(笑)
ただ、不動産もITも、勉強を進めていくといかに私生活に関わっているのかがよくわかる領域のため、自ずと関心を向けることができるのではないかと思います。「衣食住」の「住」を変えることは世の中に大きなインパクトを与えるので、そうした影響力の大きさ・社会貢献性の高さ・新しいものを生み出せる喜びなど、やりがいを見出せると思います。



いかがでしたか?
このほかにも聞きたいことがありましたら、
採用サイトの備考欄、もしくは人事部のTwitterにてご連絡ください!

いえらぶGROUP新卒採用サイトはこちら
https://www.ielove-group.jp/recruit/newgrad/entry/

いえらぶ人事部 竹田Twitter
https://twitter.com/Takeda_Proptech

いえらぶ人事部 中野Twitter
https://twitter.com/nakano_ielove