ニュース一覧

2022-03-25 セミナー

【不動産DX推進セミナー】電子契約の全面解禁目前4/12(火)開催!顧客管理から契約締結までシームレスに行う方法

株式会社いえらぶGROUP(本社:東京都新宿区、代表:岩名泰介、以下いえらぶ)は、GMOグローバルサイン・ホールディングス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表:青山 満、以下GMOグローバルサイン・HD)と共催で、
不動産企業に向けた電子契約に関する無料オンラインセミナーを2022年4月12日(火)に開催します。
不動産における電子契約の全面解禁を目前に、実務に沿った電子契約の活用法を実際のシステムも使ってご紹介します。

2021年9月に施行されたデジタル改革関連法において、宅地建物取引業法では不動産取引のオンライン化全面解禁を定めた改正を2022年5月までに施行と予定しています。
目前に迫った今、不動産実務におけるDXへの注目も加速しており、具体的にシステムの導入を検討する企業が増えています。
この度、不動産に特化した業務管理SaaS「いえらぶCLOUD」を提供するいえらぶGROUPと、導入企業数No.1(※)の電子契約「電子印鑑GMOサイン」を提供するGMOグローバルサイン・HDが、電子契約に関する実践的なセミナーを開催することは、不動産事業者に実務のオンライン化のより具体的な想定を可能とし、DX推進に大きく貢献します。
不動産実務のオンライン化は、業務効率を向上しながら、コロナ禍でニーズが高まった非対面・非接触での手続きにも柔軟に対応できるようになり、顧客満足度アップも同時に実現します。

※「当事者署名型」「⽴会⼈型(事業者署名型)」のいずれかに対応した「電⼦印鑑GMOサイン」の導⼊企業数。事業者(企業または個⼈)につき1アカウント。複数アカウントをご利⽤の場合、重複は排除。2022年2月GMOグローバルサイン・HD調べ(2021年国内主要電子契約サービスを比較)



講師紹介


GMOグローバルサイン・ホールディングス株式会社
電子契約事業部 部長 牛島 直紀

2007年にGMOホスティング&セキュリティ株式会社(現 GMOグローバルサイン・ホールディングス株式会社)入社。
クラウド・電子認証事業の法務を担当。2014年、電子契約のクラウドサービス化を立案し、2015年より現職。
2016年経済産業省 電子署名法研究WG構成員。共著に『リーガルテック・AIの実務ーデジタル・トランスフォーメーション(DX)時代の企業法務改革』(商事法務・2020年)




株式会社いえらぶGROUP
管理商品部 課長 坂野 嘉昭

2017年東京大学卒業、株式会社いえらぶGROUPに新卒入社。
エンジニアでありながら、提案営業・導入コンサル・広報活動など多方面で活躍しており、最近では自ら企画・開発を行った「いえらぶ電子契約」を全国に広げるべく社内外を奔走する日々を送っている。
坂野自身、不動産契約において手間取った経験もあり、そういった苦い思いを世の中から払拭するためのソリューションである「電子契約」にかける想いは強い。

▽インタビュー記事「法改正間近!いえらぶ電子契約のリリース話」
《前編》>>https://www.ielove-group.jp/blog/detail-03952
《後編》>>https://www.ielove-group.jp/blog/detail-03953



「いえらぶCLOUD」と「電子印鑑GMOサイン」について

いえらぶGROUPが提供する「いえらぶCLOUD」は、不動産のあらゆる業務を効率化するオールインワンの業務支援クラウドシステムです。GMOグローバルサイン・HDが提供する「電子印鑑GMOサイン」は契約の締結から管理までをワンストップで行えるクラウド型の電子契約サービスです。この2つのサービスが連携したことで、これまでその複雑性故に難しかった不動産実務における電子契約の導入が推進されます。

▽サービスと連携に関する詳細はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000219.000008550.html



セミナー詳細

開催日時:2022年4月12日(火)16:00~17:00(開場 15:50)
参加費:《 無料 》
お申込み:https://www.gmosign.com/form_seminar/co-sponsored/20220412/
※電子印鑑GMOサインHP内セミナー申込ページに移動します

<こんな方におすすめ>
・不動産業界の方
・不動産DXについて知りたい方
・電子契約について知りたい方
・顧客管理から契約締結まで一気通貫で行いたい方
・「電子印鑑GMOサイン」と「いえらぶCLOUD」の連携について知りたい方

本セミナーでは両社のサービスだけでなく、改正宅地建物取引業法や電子契約の概要などもご紹介予定です。ご興味のある方はぜひご参加ください。

プログラム
1.宅建業法改正におけるポイントとは
2.電子契約と電子印鑑GMOサインのご紹介
(GMOグローバルサイン・ホールディングス株式会社)
3.不動産契約で電子化できること、電子印鑑GMOサイン連携で電子化できること
(株式会社いえらぶGROUP)



「GMOグローバルサイン・ホールディングス株式会社」について
GMOグローバルサイン・HDとは、11万社の法人のサーバー運用実績、国内販売代理店 約6,700社の販売代理店を有するホスティング事業者であり、世界で5社しかないグローバルでシェアを持つ電子認証局の中で唯一の国産認証局「GlobalSign」を保有する老舗IT企業です。政府関連機関・大手企業をはじめ世界各国の企業・団体に電子証明書を導入しています。

会社名:GMOグローバルサイン・ホールディングス株式会社
所在地:東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー
代表者:青山 満
資本金:9億1,690万円
事業内容:電子認証・印鑑事業・クラウドインフラ事業・DX事業
コーポレートサイト:https://www.gmogshd.com/



「株式会社いえらぶGROUP」について
いえらぶGROUPは「ITを使って不動産会社様の業務を効率化する」「誰もが快適に住まいを探せる環境をつくる」という使命のもと、2008年に設立した不動産×ITサービスの運営会社です。不動産会社様の日常業務を支援するクラウドサービス「いえらぶCLOUD」は全国12,000社以上で利用されています。また、近年深刻化する「空き家問題」に取り組むメディアの運営や、「おとり広告」を未然に防ぐ独自機能の開発などを通して、住まい探しをサポートしています。
いえらぶGROUPは、今後も不動産業界のDXを促進し、よりよい“住”環境の実現を目指します。

会社名:株式会社いえらぶGROUP
所在地:東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル24F
代表者:岩名 泰介
設立:2008年1月
資本金:3825万円
コーポレートサイト:https://www.ielove-group.jp/
不動産事業者向けサービス紹介サイト:https://ielove-cloud.jp/