NEWSニュース

ニュース一覧

2021-06-09

「いえらぶCLOUD賃貸管理機能」が賃貸住宅管理業法に対応!

不動産テックに特化した業界垂直統合SaaS「いえらぶCLOUD」を提供する株式会社いえらぶGROUPは、賃貸管理業務のDXを促進する「いえらぶCLOUD賃貸管理機能」にて、2021年6月15日(火)に施行される「賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律」(以下「賃貸住宅管理業法」)に対応しました。
これにより、利用ユーザーは新法施行後も安心して業務を継続可能です。

※株式会社いえらぶGROUP・・・本社:東京都新宿区、代表取締役:岩名泰介 以下「いえらぶGROUP」

背景


国土交通省は良好な居住環境の確保を図るため、「賃貸住宅管理業法」を令和2年6月に可決成立しました。本法律は、サブリース業者・勧誘者と賃貸住宅所有者(オーナー)との間の賃貸借契約の適正化のための規制措置を講ずるとともに、賃貸住宅管理業者の登録制度を設けることで、「管理業務の適正な運営」「借主と貸主の利益保護」「業界の健全な発展・育成」を図るための法律です。

令和3年6月15日(火)より、賃貸住宅管理業者の登録制度が創設され、以下のことが義務付けられます。
(1)賃貸住宅管理業の登録
賃貸住宅管理業を営もうとする者について、国土交通大臣の登録を義務づけ
※管理戸数が200戸未満の者は任意登録

(2)登録を受けた賃貸住宅管理業者
①業務管理者の選任
 ┗事務所毎に、賃貸住宅管理の知識・経験等を有する者を配置
②管理受託契約締結前の重要事項の説明
 ┗具体的な管理業務の内容・実施方法等について書面を交付して説明
③財産の分別管理
 ┗管理する家賃等について、自己の固有の財産等と分別して管理
④委託者への定期報告
 ┗業務の実施状況等について、管理受託契約の相手方に対して定期的に報告

賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律の詳細は、国土交通省公式HPをご覧ください。
https://www.mlit.go.jp/tochi_fudousan_kensetsugyo/const/content/001402158.pdf

「いえらぶCLOUD賃貸管理機能」における対応


いえらぶGROUPは、提供サービス「いえらぶCLOUD賃貸管理機能」において、下記の通りアップデートを行いました。

(1)管理受託契約締結前の重要事項の説明
管理委託契約の画面で新法に対応した以下の書類を出力できます。
・賃貸住宅管理委託契約書
・賃貸住宅管理委託契約 重要事項説明書
・住戸明細表
・特定賃貸借契約書
・特定賃貸借契約書 重要事項説明書

(2)財産の分別管理
賃貸住宅所有者(オーナー)から預かっている財産の分別管理をすべき金額の確認を可能とするため、「預り金一覧」「預り金履歴一覧」を含む入出金機能の機能拡充を行いました。

これにより、利用ユーザーは、法律の施行に際しても継続して不動産業務が行えます。
いえらぶGROUPでは、今後も業界の変化にいち早く対応し、不動産業界の環境改善を推進してまいります。

お問い合わせ

ニュース一覧