MENU

社員紹介

#SE #新人賞

#東京大学

#2017年 #新卒入社

SAKANO

SAKANO

interview

学生時代、将来においてどのようなことを考えてましたか?
大学では経済学部に進学しましたが、
その時は王道の流れで、コンサルや商社に行くものだと思っていました。
転機が訪れたのは3年生の夏、友人の勧めでベンチャー企業のインターンに参加した際に、自分の力を100%出し切れるのはベンチャー企業なのではないか、多少ブラックと言われても、好きなことを好きなだけやれる会社の方が性に合っているのではないかと感じ、新しい世界観(=人々が気づかずに従っている当たり前)を創り出すサービスに携わりたいと考えるようになりました。ドがつくほどの文系だったので、はじめは営業職で社会人としての経験を積み、なるべく早い段階で、企画・マネジメントを行う立場につきたいと考えていました。
そして、今会社で何をしていますか?
先述の通り営業職を考えていたのですが
結果エンジニアになりました。
今は「会社間流通」という不動産会社同士のネットワークの仕組みづくりや機能の新規開発・改善にあたっています。開発はひとつの機能をまるまる任せてもらうことが多く、設計・コーディング・デバッグ・修正をすべて行っています。自ら設計した機能を自分の手で作りあげ、改善まで行えるので、とても達成感があります。当社はアップデートの間隔が短く、これを毎週、新たな案件に対して行っているイメージです。「会社間流通」には価値を提供すべき相手が仲介会社と管理会社の2業種あるので、その両者にとって便利なシステムを考えることに常に頭を悩ませつつ、住業界に今はまだなき、業者間市場の創出を目指しています。また開発の傍ら、内定者インターン生にプログラミングを教えたり、インターン用課題の運用も行っており、内定者のマネジメントについても挑戦させてもらっています。
会社や働くスタッフのいいところを教えてください。
みんな仕事に対して真面目でひたむきなところです。 人それぞれ、休暇の取り方など仕事のスタイルは異なりますが、何かしら、自分の仕事には誇りを持っていて、それが心地よいです。また、変化に柔軟なところも魅力の一つです。入社してから1年の間に、部署編成も、走っているプロジェクトも、随分と変わりました。会社全体でダイナミックなPDCAが回せる組織は強いと思いますし、なにより会社の制度などに要望がある場合に、しっかりと主張すれば会社側がそれに応えてくれる点は大きな魅力だと思います。
では逆に、悪いところは?
その真面目さひたむきさ故か、
遅くまで残っている人がいる事実があります。
やれる仕事範囲が広いということもあり、人の数も増やしたいところですね。そうすれば、そういった状況は改善できると思います。また新人の教育フローはしっかりと整っているわけではないので、自ら学んでいく気持ちと、それでやっていける自信が必要かもしれません。
あなたは今後において、今どんな可能性を感じていますか?
プログラミングなんて高校の授業でしか経験していない僕が、
突然エンジニアになって、1年目でもう活躍できるようになる。
それがいえらぶという会社です。だから今後はマネジメント、新規事業にも挑戦して力をつけます。その力が身につけられれば、今一大転換期を迎えている住業界に、自分でインパクトを与えられます。住業界で真に起きているのは、IT化ではなく、それによるセカンダリーマーケットの誕生や、物件情報の透明化といった構造変化のはずで、たとえば僕が開発している「会社間流通」を広めることは、前者を大きく推し進めます。そして、これらの構造変化が成された暁には、医療やエネルギーといった、別の領域へと変化を広げられます。この流れに自ら影響を与えることで、目標である「新しい世界観を創る」ことができるのではないかと思っています。

お気に入りグッズは”ホットココア”。

リラックス効果と覚醒作用で集中力が一気に回復します!

other members

MENU

×