MENU

社員紹介

#営業のホープ

#京都大学

#2017年 #新卒入社

KATADA

SAKANO

interview

学生時代、将来においてどのようなことを考えてましたか?
学生時代は正直、将来のことについて
具体的なビジョンというものは見えていませんでした。
僕は部活でフェンシングをやっていたのですが、大学ではただひたすら部活に打ち込み、目の前の目標で精一杯だったのが実際のところです。一方で、「今みたいに何かを目指してのめりこむように働いていきたい」という意識は常に持っていました。やはり毎日いやいや会社に行くのではなく、クリアすべき目標を据えてワクワクしながら朝を迎えたいと思っていたので、就活の際はまず何よりも「自分の目を輝かせて働くことができるのか」ということに重きを置いて会社を見ていました。いえらぶの「会社を大きくする」というビジョンとそれを実行するビジネスモデルの可能性を聞いて、この人たちとその目標に向かうのならワクワクして仕事ができる、そう感じたのがこの会社に入った決め手です。
そして、今会社で何をしていますか?
今は大阪で営業として働いています。 今は大阪で営業として働いています。時々採用の仕事にも携わっています。将来的、といっても1年ほどで達成するつもりですが、人事として「会社を大きくする」というところに直接的にかかわることが僕の目標です。うちの会社は数年のうちに1000人規模の会社になろうとしています。その過程にジョインすることに魅力を感じているんです。そのために今は営業というステップを踏んでいます。元来スポーツや勉強といった自分の中で技術を練り上げるようなことは得意なのですが、人にものをうまく伝えたり心を揺さぶったりするというコミュニケーションは苦手だったんです。会社の顔である人事をやるならそこは絶対に重要なので、その前に営業で経験を積もうと思って。なので今は目標のために営業をやっています。正直苦手としていた分野なので、うまくいかないところもたくさんあるのですが、そういったマイナスの意識を持っているところを克服していくのはとてもやりがいがあります。その分、成功した時の達成感はひとしおです。
会社や働くスタッフのいいところを教えてください。
似た人がいないところですね。 みんな、いえらぶのビジョンや向かっていく方向性に共感しているという共通項はあるのですが、それ以外は本当にばらばらです。コミュニケーション能力が高い人、めちゃくちゃ頭がいい人、ギャルっぽい人、寡黙だけどめちゃくちゃこだわりが強い人、などなど。今までは大学というコミュニティに属していて似たような人たちで集まっていたのが、突如まったくの別属性の人たちと一日の大半を過ごすのはとても刺激的です。苦手なノリかな?と思っても意外と馴染めたり。日々いろんな発見があります。
では逆に、悪いところは?
我が強すぎるところ。 いろんな人がいるとは言いましたが、みんな共通して我が強く、芯があります。自分の意見や考え方をしっかりと持っている人たちなので、意見の相違があったりするとよくヒートアップしてしまうこともあります。最初は歯に衣着せぬ物言いに戸惑いましたが、今ではすっかり慣れ、逆にありがたく思いますね。
あなたは今後において、今どんな可能性を感じていますか?
同世代の友人たちと比べても、経験する物事の質や量が圧倒的に違います。 会社が伸びるということは会社の中でも自分の立ち位置が変わり、かつ業界の中でも会社の立ち位置は変わっていくということです。そうなると本来なら見ることができないものを見られたり、大企業では携わることが難しい業務にも関わることができます。もちろん決して楽な道ではないですが、そういった酸いも甘いも知ることで、決して平凡なだけではない、いつまでもワクワクし続けることができるような社会人になれるのではないかと思っています。

お気に入りグッズは”ボールペン”。

僕が初めて営業の目標達成をした時に上司にプレゼントしてもらったものです。 大事な商談の時は、いつもこれを胸に臨んでいます。

other members

MENU

×