MENU

社員紹介

#広告の司令塔

#上智大学

#2016年 #新卒入社

HAYASHI

HAYASHI

interview

学生時代、将来においてどのようなことを考えてましたか?
大学生活を振り返ると、授業に出て、適度にアルバイトをして、
特に留学をしたとか長期インターンをしていたとかもなく、
ふつうの大学生活を送っていました。だからいざ就活というときに、「あ、私面接で話すこと何もないじゃん!」って思って(笑) その時周りを見ると、将来のために努力している同級生が多くて、焦った気持ちもあります。ただ大学生活に何もしてこなかったからこそ、努力していた人たちとの差を早く埋めて、追い抜くくらいの経験を積みたいなとは考えていましたね。そんな時にこの会社と出会い、ベンチャーという選択肢もあるんだなと思って、4月に意思決定しました。
そして、今会社で何をしていますか?
職種で言えば、広告、広報、マーケティングですね。 そして、それらをやることによって、当社そのものの認知度UP、また当社サービスの反響獲得を目的に日々いろいろな施策を試しています。例えば、当社サービスの紹介サイトの企画、それに対しての広告施策、その他DM、新聞などweb以外の手法も使っていますね。広告や広報はとにかく日進月歩で新たな手法がうまれているので、最新の動向を追う大変さもありますし、細かい施策を小さいPDCAまわしながら進めていくのが日常なので派手さがある仕事でもありません。でも、コツコツ積み上げていくことによって、反響数が増えていくのを目の当たりにするとすごくやりがいは感じます。またそうすれば、営業スタッフの方の負担も減らしてあげられて、社内の皆さんのためにもなると分かるのもいいですよね。
会社や働くスタッフのいいところを教えてください。
年次関係なく挑戦させてくれるところ、
役割と責任を持たせてくれるところはいいですね。
もちろんその分大変なこともありますけど、そもそもそういう部分に興味をもって入ってきている人たちが多いので、まわりの同期なんかも果敢に挑戦しています。そういう姿を見ると、自分が辛いな大変だなと思うことがあっても、私も頑張らないといけないなと奮起できます。そういった頑張っている人が馬鹿にされない雰囲気はすごくいいですね。
では逆に、悪いところは?
もう少し仕事を体系的に学べるような
そういう流れがあるとありがたいなと思います。
広告や広報は本当に新しい情報や考え方が次々に出てくるので。今のやり方だと自分で調べながらとかアポイントの場でヒアリングするとか、その場その場で必要な時に勉強していくという流れになるので、そういった部分が改善されるようになれば、もっとアイデアとかも出しやすくなるのかなと思います。
あなたは今後において、今どんな可能性を感じていますか?
自分が今持っているプロジェクトや考えていることが実現すれば、
会社がもっとよくなる、その可能性にわくわくしますね。
私は今広告や広報という手段を通じて、当社のサービスを世の中の当たり前にしていくことが目標です。そのために新しい仕組みや考え方を取り入れ、自分も会社と一緒に成長していきたいです。当社の営業手法はお客様からの紹介やテレアポという顕在層を狙う「狩り」の要素が強いですが、私たちの手によって、潜在顧客を集め、潜在顧客を顕在顧客にしていく「稲作」の要素を多分に含んだ手法にしていけたらおもしろいと思っています。そのための新しい取り組みとしてMAなども実施していきますし、そういうのを自分で試せるのはいいですよね。

お気に入りグッズは”かんざし”。

ぐっと気合が入る感じがします!

other members

MENU

×