MENU

社員紹介

#SE #3年目課長

#早稲田大学

#2015年 #新卒入社

BABA

BABA

interview

学生時代、将来においてどのようなことを考えてましたか?
学生時代はあまり真面目ではなかったので、
正直言うと将来のことはあまり考えていませんでした(笑)
それでも、せっかく仕事をするなら、世の中を前に進めていく仕事、新しい価値を生み出す仕事がしたいなと漠然と考えていました。世の中の仕組みがどんどん変わっていってると感じていたので、その流れの中で面白いことがしたいと思っていました。特にインターネットは人々の生活を変えてきましたし、これからもまだまだ変えていくと思っていたので、面白いなあと思っていました。個人としてはその時その時を楽しめる人間になりたいと考えていたので、あまり細かい将来設計はしていませんでした。
そして、今会社で何をしていますか?
いえらぶGROUPのメインサービスである、いえらぶCLOUDの開発を主に行っています。 今はマネジメント職をやらせてもらっているので、プログラミングをバリバリやるというよりはメンバー業務管理、商品の企画・設計の時間の方が多いです。毎日多くの方に使っていただいているサービスなので、日々要望が上がって来ており、それをどう商品に落とし込むのかが難しい所です。自分の作ったサービスが大きな影響を与えるので、下手なことはできないという責任がありますが、その分やりがいを感じています。不動産業界の事をよく知らないで入社しましたが、この業界は知れば知るほど奥が深いです。営業・コンサルとコミュニケーションを取ったり、クライアントからの意見を聞いたりすることで、現場のことを日々学んでいます。その上で技術を使って改善をしていくことがおもしろいです。
会社や働くスタッフのいいところを教えてください。
親切な人が多いと思います。 みんなそれぞれ忙しいところありますが、意見を聞きに行ったり、相談をしにいくと、真剣に考えてくれて、いろいろアイデアや意見をくれて時間を使ってくれます。開発と営業・コンサルの距離が近いので、コミュニケーションも取りやすいですし、これは本当に会社の強みだと思います。立場が違うのに、話を受け止めてくれる営業やコンサルの皆さんにはいつも感謝してます。
では逆に、悪いところは?
目下急成長中のベンチャーなんですけど、意外と欲が少ない人がいる。 ガンガン上にいってやろうとか、私はこんなことやったんだというアピールとか、もっと主張をぶつけてくれてもいいのかなあと思ってます。時には自分が自分がともっと前にでてきても良いと思いますし、それがOKな環境なので、もったいないなあと思ってます。私ももっとそういうのをみんなするようにけしかけていきたいですね。
あなたは今後において、今どんな可能性を感じていますか?
不動産業界はまだまだアナログな部分が多いと感じています。
それをどんどん変えていきたいですね。
ITで業務効率化できる部分はまだまだありますし、自分が作ったサービスでもっと便利にしていきたいです。業界もこれから変わっていくタイミングだと思うので、変化を牽引していきたいです。AIやVR、ARなど新しい技術も発展してきているので、それらを不動産業界向けのサービスに取り入れることできると思うんですよね。AIだったら自動での物件マッチングもできるし、VR使っての内見とかできますよね。そうやって業界の発展に一役買っていきたいです。いえらぶのプラットフォームをさらに広げて、そこに新しいサービスをどんどん乗せていくのが楽しみです。

お気に入りグッズは”Coca-Cola”。

NO COKE NO LIFE!

other members

MENU

×