MENU

社員紹介

#営業 #2年目係長

#明治大学

#2016年 #新卒入社

BABA

BABA

interview

学生時代、将来においてどのようなことを考えてましたか?
なにか明確にこれだと言い切れるものはありませんでしたが、
誰よりもはやく成長したいと思っていました。
なにか明確にこれだと言い切れるものはありませんでしたが、誰よりもはやく成長をして、どんな状況になったとしても社会で戦っていくことができる力をつけたいと思っていました。その中でIT業界はこれから伸びる業界だと思い興味をもっていました。業界によってはすでに市場が出来上がっていて、0からつくりだすというよりは維持する業務がメインになってしまうと思っていましたが、IT業界であれば自分のアイディア次第で0から1をつくりだすことや市場をつくりだすことができるのではないかとイメージできました。その中で出会ったのがいえらぶでした。これまでにない不動産業界のIT化という挑戦に参加することによって、成長することができるのではないかと思い、入社しました。
そして、今会社で何をしていますか?
不動産会社様への新規営業や既存のお客様に対する
コンサルティングを中心に行っております。
多くの企業の経営者様と接することができ、これまで得ることの出来なかった価値観に触れられるため、日々新たな発見があります。厳しいことを言われることもありますが、一年目から多くの社長にいただくご意見はかなり自分自身の力になります。どれだけいいシステムを開発したとしても、実際に不動産会社様に使っていただけなければ意味がありません。なので、なるべく多くの不動産会社様にいえらぶCLOUDを知っていただき、利用していただくきっかけづくりをしております。また、実際にご利用していただいている不動産会社様の現場目線で考えることで、システム側にこういう要望があるということを伝える役割も担っています。
会社や働くスタッフのいいところを教えてください。
挑戦をすることができる環境、認め合う文化があることですね。 失敗した時のことを考えて動かないよりは、失敗しても挑戦してチャレンジした人の方がよいという文化があるので、「まずはやってみよう」という気持ちで何事にもチャレンジすることができます。仮に失敗しても、それを経験として成功すればいいし、自分の成長にもつながると思います。またうまくいかない時は相談すればみんな応えてくれます。本気になることを笑わないで、真剣に仕事に向き合うことができる環境はいいですね。
では逆に、悪いところは?
時間のメリハリをつけて仕事ができていない時があることです。 自分が関わってるプロジェクトや仕事に対して、責任感をもっている人が多いので自分の納得するところまでやりきる人が多いです。その分、時間も忘れて没頭してしまうので途中で間延びした時間ができてしまっていることがあります。自分も含めてですが、やる時はやる、やらない時はやらないという時間のメリハリをもっとつけて仕事して、効率的に時間を使いたいですね。
あなたは今後において、今どんな可能性を感じていますか?
不動産業界という大きな市場で、IT化の新しい流れをつくる中心になることができるのではないかと感じています。 全国の不動産会社様とお話しして感じることは、業界自体が大きく動いているということです。これまでにはなかったIT化、そして世代交代などが進んでいくことによってこれまであった不動産業界の姿が日々変わりつつあります。その中でまだまだやり方やルールが決まっていない部分を進めることによって、いえらぶが不動産業界の交通整備を行い、業界の大きな流れをつくりだす中心になれると思っています。また個人では、同世代の中でも誰よりも行動、挑戦をすることでたくさんの失敗を積み重ねながら圧倒的成長をして世の中にインパクトを与えらえる人材になりたいです。

お気に入りグッズは”スーツ”。

疲れていようが眠かろうがスーツを着ると仕事スイッチがオンになります。

other members

MENU

×