MENU

社員紹介

#新卒から取締役

#首都大学東京

#2011年 #新卒入社

OHASHI

OHASHI

interview

入社当時何をしてましたか?
入社してからは新規営業で外回りをして、不動産会社を訪ねまわっていました。 もともとお客様と直接やりとりできる仕事がしたかったこともあり、新規営業の後、コンサルティング営業として既存のお客様向けの応対をし始めました。
不動産会社と一口に言っても、お客様それぞれで抱えている課題はまったく違いますし、そうなるとこちら側もどういう解決方法の提案をすればいいのかその時々で本当にバラバラで、独特の難しさがありましたね。
そして、今会社で何をしていますか?
内勤コンサルの部署設立と業務移管、
それにともなって拡大したチームのマネジメントを行っています。
これは当社をご利用いただいているお客様の数がどんどん増えていく中で、それまでの仕組みだといずれ丁寧なお客様対応ができなくなるのが目に見えていたので、そのためのプロジェクトでした。幸いその課題は解決でき、今は効率と顧客満足度を兼ね備えたサービスを社員が提供できるような環境を作るというところに目標をおいて、さらなる部署強化に努めています。そのほかには、多々お客様からいろんな意見をいただく立場なので、新機能開発や既存商品のブラッシュアップといったプロジェクトにも参加しています。営業・クライアント側の目線で意見を取り入れて仕様やオペレーションを工夫したり、業務上のルールの制定といった会社の仕組みづくりに力を入れていますね。
会社や働くスタッフのいいところを教えてください。
いいところは仕事も遊びも一生懸命! 特に年末はお客様も繁忙期で忙しいし、次年度の事業計画を立てたり、年度の予算達成に走り回ったり、とにかく忙しい時期ですが、その隙間を縫って全力で忘年会の準備をして、本気で出し物の優勝を狙いに行くあたりが、文化祭の前日のような高揚感があっていえらぶらしいなあと思います。日頃の業務においても、部署の垣根を超えて色んな人と協力しあえるのもまた、文化祭準備のような感覚です。
では逆に、悪いところは?
よくも悪くも特徴的だなと思うのは
変化が激しいところ。
社内のルール、制度や商品の開発についても日々かなりの速度で進みます。また、その変化も私達社員に委ねられている部分が大きく、自分たちで考えないといけないので、変化に柔軟でない人、ルールのないところから始めるのに抵抗がある人は戸惑います。ただ、この変化速度は間違いなく弊社の成長要因の一つですし、変化をまるごと受け止めて楽しむくらいの気概のある人にとってはとても刺激的な環境ですね。
あなたは今後において、今どんな可能性を感じていますか?
「多くの不動産会社とおつきあいしている」という事実は、
入社前に自分が思っていたよりもとても可能性に満ち溢れていました。
不動産と一言で言ってもその事業は多岐に渡っており、必要とされるサービスも全然違います。物件や顧客のデータが集まっているため、既存の事業を軸にして、ビル管理、建築、民泊、引っ越し、リフォーム、インテリアなど住まい関係で展開していける領域は広く、アイディアは尽きません。とくにtoCの部分は一般消費者の方々やオーナー業をされている方などにむけてまだいろいろアプローチができると思っています。今後は多くのお客様がまだ自分でも気づいていないようなニーズに応える商品開発に力を入れる、そして1人でも多くのリーダーを自分の部署から輩出して、彼ら一人一人のやりたいことが実現できるようなチームを育てたいですね。

お気に入りグッズは”手帳”。

今のやつは1日1ページタイプで、その日必要なことをどんどん書き込んでいます。先のことをずっと覚えていたり、毎回確認したりってかなり頭を持っていかれるので、手帳に書いておくことで頭のリソースをあけておけるようにしてます。

other members

MENU

×