MENU

社員紹介

#企画 #兼社長

#慶応義塾大学

#2013年 #新卒入社

MATSUKI

MATSUKI

interview

入社当時何をしてましたか?
最初の配属はコンサルタントの部署でした。 クライアント様をご訪問して、クライアント様の売上UPと業務効率化のお手伝いをしていました。ただその当時の社内では、新規事業をやってみようかと言われていたことがあり、もともとそういうものに興味があったので、代表に自分がやってみたいという話をして、実際に挑戦することになりました。当時訪問していたクライアント様にもその新規事業についてヒアリングをして、コンサルする側なのにアドバイスをもらったりもしていましたね。とにかくすべてが新しいことだったので、どうやったら上手くいくかなんていうのを経験ないなりにたくさんの人に相談しながら一生懸命考えていましたね。
そして、今会社で何をしていますか?
グループ会社のいえらぶコミュニケーションズで代表取締役を務めています。 不動産会社向けに通信サービスなどの商材を卸売りする、いわば不動産会社専門の商社みたいな事業をやっております。もともと社内で世間話のように出たアイデアから始まったものですが、今では法人化して4期目を迎えました。まさに0から1をつくってきた状況です。またその経験を活かして、今はGROUPのメインサービスである「いえらぶCLOUD」の新サービスに対しても、企画・組み立てから戦略設計にも携わっています。CLOUDサービスをより良くしていくためにどういう新機能をつくればいいか改修をすればいいか、徹底した市場調査、また他社がやっている住にかかわるサービスの研究をして、開発の優先順位を決めていきます。私自身が直接開発をするわけではありませんが、「ものづくり」の醍醐味は存分に感じている次第です。
会社や働くスタッフのいいところを教えてください。
組織としても個人としても、変化に柔軟なスタンスが身についている点はいいところだと思いますね。 私たちの提供するサービスは時代・業界の変化が激しいので、今までやっていたことを全部ストップしたり、180度方向転換することも求められます。そういう時なかなかその事実を受け入れず固執しやすいものですが、いえらぶはそれがない。PDCAをまわして、何が課題なのかその解決策なのは何なのか?ということを考えているので、そういう雰囲気があるんだと思います。
では逆に、悪いところは?
チームワークを重視する際に、競争意識が薄れる部分はありますよね。 「人がいい」と言えば聞こえはいいかもしれませんが、やっぱり仕事では成果を出すのがまず大事だと思うので、仕事の本分を忘れないように私もマネジメントしていっているつもりです。ベンチャーで働く者としてハングリー精神を持ち続ける人が一人でも多いと強い組織になるのでうれしいですよね。
あなたは今後において、今どんな可能性を感じていますか?
今、住業界の仕組みをITの力によって根底から変えていこうという動き、
「Real Estate Tech」がアメリカを中心におきています。
そして、その変化の波は日本にも押し寄せてきていて、実はいろいろな新興ベンチャーが新しいサービスをつくっています。私たちの「いえらぶCLOUD」も始まりは何の成功する保証もなく、手探りでやってきましたが、今の私たちのサービスは今までの見識とノウハウが貯まってますし、なんといってもデータも貯まっている一つの大きなプラットフォームとも言えます。そのプラットフォームという利を活かして、私たちが「REAL ESTATE TECH」のリーディングカンパニーとしてさらなるサービスの創出を目指したいですね。

お気に入りグッズは”コーヒー”。

コーヒーを毎日飲んでいます。1日のはじまりはコーヒー豆を挽いて、淹れたてのコーヒーを楽しむのがルーティンです。

other members

MENU

×