ニュース一覧

2022-05-19 お知らせ

不動産向け電子契約システム「いえらぶサイン」とドキュサインの電子署名システムの連携開発を開始

株式会社いえらぶGROUP(以下、いえらぶGROUP)が提供する不動産業務支援に特化したバーティカルSaaSである「いえらぶCLOUD」は、本日2022年5月19日より、世界180カ国100万社以上で利用されているドキュサインの電子署名サービス「DocuSign eSignature」とのシステム連携開発を開始します。これにより、改正宅地建物取引業法によって全面解禁となった不動産契約における電子契約の普及を推進します。

連携の背景と概要

■宅地建物取引業法の改正で、5月18日より不動産取引の完全オンライン化が可能に
2021年9月に施行されたデジタル改革関連法では、一連の不動産取引のオンライン化を全面的に解禁することを定めた改正宅地建物取引業法を施行することが定められました。昨日5月18日の本法律施行により、不動産取引の完全オンライン化が法律で認められました。

■電子契約の全面解禁が目前に迫る中、業界内に高まる不動産DXへの期待
法改正が実施されると一部制限されていた不動産契約の電子化が全面解禁され、電子契約の利用が一般的になっていくことが予測されます。
今、全面解禁が目前に迫った不動産業界ではDX意識が高まっており、いえらぶには不動産事業を手がける企業・事業者から「契約の完全オンライン化に期待している。従来1週間かかっていた契約期間を1日で締結し顧客満足につなげたい」、「契約書をペーパーレス化し、紛失リスクや契約書を管理・保管する顧客の負担を軽減したい」など、電子契約の利用効果を期待する声が多数寄せられています。
この度、不動産の賃貸借契約の締結・更新・解約業務をオンライン上で完結する電子契約システム「いえらぶサイン」と、世界180ヶ国100万社以上の組織で利用実績のある電子署名サービス「DocuSign  eSignature」が連携したことで、不動産事業者は従来の業務フローのままシームレスに電子契約を利用できるようになります。
業務を効率化させながら、コロナ禍でニーズが高まった非対面・非接触での手続きにも柔軟に対応できるようになり、顧客満足度アップも同時に実現できます。

▼「いえらぶサイン」お問い合わせ窓口
https://ielove-cloud.jp/contact/
TEL:050-5491-7240(9:45~11:30/12:30~19:00 日曜定休)



不動産事業者・顧客の双方にメリット

不動産事業者のDXが加速
業務システムと電子契約の連携により、一度登録した顧客情報などのデータを各フローで活用できるため、重複して入力する手間がなくなります。また、契約書の作成・管理・保管までがシステムにてワンストップで行えるようになり、大幅な業務効率化およびコスト削減につながります。今回の連携により、国内で年間約200万件と言われる賃貸借契約とその更新手続きの負担を軽減させる可能性が期待されます。(※1)
(※1)出典:矢野経済研究所:https://www.yano.co.jp/press-release/show/press_id/2179

顧客は部屋探しが簡単・便利に
一連の賃貸借取引の中で顧客にとって部屋探しの終盤となる契約において、従来の書面契約では、例えば押印が一つ足りない場合に再来店や郵送して不備を修正する時間や手間が発生しました。電子契約を活用することで、顧客は不動産事業者の営業時間に縛られず、手元のスマートフォンでいつでもどこでも手軽に手続きできるようになります。また長距離の引っ越しなど遠方で賃貸物件を探すケースでも、オンライン内見を利用して、部屋探しから契約まで全てオンラインで完結できるので、店舗まで往復する時間や交通費がかからなくなる点は顧客にとって大きなメリットになります。



いえらぶパートナーズとドキュサインの連携

今回の連携に先駆け、令和3年8月24日(火)より、いえらぶGROUPのグループ会社である株式会社いえらぶパートナーズ(代表:田代 望、以下「いえらぶパートナーズ」)のが提供する賃貸管理システム「KanrIt!(カンリット)」とドキュサインの電子署名サービス「DocuSign eSignature」の連携を開始しています。
印刷・封入郵送・署名捺印などの業者間でのやり取りコスト削減し、原本保管・管理などセキュリティ面でも大きな効果を発揮、電子契約の利用増加を促進しており、現在では全体の10%を超える割合で電子契約が利用されています。

参考:ドキュサインと連携した「電子契約サービス」提供開始のお知らせ
https://ielove-partners.co.jp/news/226/



「いえらぶサイン」とは

▼詳しくはこちら
https://ielove-cloud.jp/service/sign/

いえらぶGROUPが提供する不動産業専用の電子契約システムです。賃貸借契約の締結・更新・解約業務をオンライン上で完結することを可能にします。弊社が提供する基幹システム「いえらぶCLOUD」に依存せず、現在ご利用の基幹システムと連携してご利用いただけます。

■いえらぶサインの特徴
・家主、仲介会社、宅建士、連帯保証人などが関わる複雑な契約フローに対応
・賃貸借契約と合わせて交わされることの多い保証委託・保険契約、その他同意書類にも対応
・契約者の更新意思確認、本人確認書類取得もSMSの一括送信で行え、ペーパーレス化を実現
・契約書のひな型は契約ごとに現在ご利用のものを利用可能
・総務省・法務省・経済産業省・財務省から認可された電子署名、認定タイムスタンプを付与

▼【マンガで分かる】資料ダウンロード
https://ielove-cloud.jp/downloads/sign-comic/





「DocuSign eSignature」とは
ドキュサインの「DocuSign eSignature」は、準備から署名捺印、実行、管理に至る合意・契約プロセス全体の自動化を実現する製品群「DocuSign Agreement Cloud」の一部であり、世界180カ国以上の100万社を超えるお客様、10億人以上のユーザーが利用する、世界で最も使われている電子署名サービスです。
公式サイト:https://www.docusign.jp/



いえらぶGROUPについて
いえらぶGROUPは「ITを使って不動産会社様の業務を効率化する」「誰もが快適に住まいを探せる環境をつくる」という使命のもと、2008年に設立した不動産×ITサービスの開発・運営会社です。不動産会社様の日常業務を支援するクラウドサービス「いえらぶCLOUD」は全国12,000社以上で利用されています。また、近年深刻化する「空き家問題」に取り組むメディアの運営や、「おとり広告」を未然に防ぐ独自機能の開発などを通して、住まい探しをサポートしています。
いえらぶGROUPは、今後も不動産業界のDXを促進し、よりよい“住”環境の実現を目指します。

会社名:株式会社いえらぶGROUP
所在地:東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル24F
代表者:岩名 泰介
設立:2008年1月
資本金:3825万円
コーポレートサイト:https://www.ielove-group.jp/
不動産事業者向けサービス紹介サイト:https://ielove-cloud.jp/