NEWSニュース

ニュース一覧

2021-04-30

いえらぶのリアルタイム不動産情報ネットワーク「会社間流通」にVRコンテンツの掲載が可能に!

不動産テックに特化した業界垂直統合SaaS「いえらぶCLOUD」を提供する株式会社いえらぶGROUPは2021年4月30日、提供するリアルタイム不動産情報ネットワーク「会社間流通」において、VRコンテンツの掲載を開始しました。賃貸管理会社は、いえらぶCLOUDの「VRコンテンツ作成機能」や株式会社スペースリーが提供するVRクラウドソフト「スペースリー」で作成したVRコンテンツを、「会社間流通」に自動で掲載できます。
※株式会社いえらぶGROUP・・・本社:東京都新宿区、代表取締役:岩名泰介 以下「いえらぶGROUP」
※株式会社スペースリー・・・本社:東京都渋谷区、代表取締役:森田博和 以下「スペースリー社」

概要

3度目の緊急事態宣言が発令されるなどコロナの影響が続く中、不動産業界においても、在宅での部屋探しやテレワークの需要が高まっています。
いえらぶGROUPではこれまで、管理・仲介会社間の物件確認業務を不要にする「会社間流通」や、現地での内見・撮影業務を不要にする「VRコンテンツ作成機能」を提供してきました。そしてこのたび、機能連携により管理会社の作成したVRコンテンツが「会社間流通」に自動掲載されるようになりました。「VRコンテンツ作成機能」の利用店舗は1,000店舗を突破しています。
また、いえらぶCLOUDはスペースリー社のVRクラウドソフト「スペースリー」とも連携しており、「スペースリー」で作成したVRコンテンツも、「会社間流通」に掲載することが可能です。
今後は管理会社の作成したVRコンテンツの流通を促し、仲介会社が閲覧・活用できるようにすることで、さらなる内見業務の効率化を実現していきます。

「会社間流通」とは

全国の不動産会社が参加するリアルタイム物件流通サービスです。
客付可能な物件情報が常時20万件以上掲載されており、いえらぶCLOUDを利用する仲介会社は無料で閲覧できます。物件検索・物件確認・図面ダウンロードのほか、物件情報をワンクリックで取り込んで各種ポータルサイトや自社HPに転載可能です。毎月25万件以上の物件が取り込まれています。管理会社は物件情報を多くの仲介会社に共有することで、空室期間の短縮に貢献します。
さらに、掲載終了や賃料の変更といった物件情報の更新がリアルタイムで反映されるため、おとり広告確認の手間を大幅に削減できます。
仲介会社は物件入力・物件確認の手間なく、客付可能な物件情報を集客に活用可能です。

「VRコンテンツ作成機能」とは

いえらぶCLOUD上で簡単にVRコンテンツを作成・管理できる機能です。基幹システムの物件情報とひも付き、最短3分でVRコンテンツを作成できる手軽さがご好評を頂いており、1,000店舗以上に利用されています。
仲介会社は、作成したVRコンテンツを自社HPに掲載することで集客力を高められるほか、VR内見に活用して内見業務を効率化できます。管理会社は、退去前から物件の案内ができるため、空室期間の短縮や、オーナー満足度の向上が期待できます。

「スペースリー」とは

360度VRコンテンツ制作と活用のためのクラウドソフト「スペースリー」は、2016年11月の開始以来、不動産・ハウスメーカーなどの分野を中心に5000以上の利用事業者にサービス提供されています。リーズナブルな価格、 直感的な操作で、 ウェブブラウザ再生可能な高品質のパノラマVRコンテンツを制作・編集・管理、活用までが一括してできるクラウドソフトです。

株式会社スペースリーについて

代表者:代表取締役 森田 博和
URL:https://corp.spacely.co.jp
所在地[本社] 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-6-2 第2矢木ビル3F
[福岡営業所] 〒810-0001 福岡市中央区天神2丁目11-1 福岡PARCO新館5F
[大阪営業所] 〒533-0031 大阪府大阪市淀川区西淡路1-1-9 ビジネス新大阪506
設立:2013年8月
資本⾦: 267,963,395円
事業内容:
・直感的な操作で、 ウェブブラウザ再生可能な高品質のパノラマVRコンテンツの制作・編集・管理、活用までが一括してできるクラウドソフト「スペースリー」の開発・運用
・360度空間データや視線データの活用のためのAI x VRの研究開発を推進するためのSpacely Labの運営

お問い合わせ

ニュース一覧