NEWSニュース

ニュース一覧

2020-09-30

不動産専門チラシ作成サービスが利用3,000店舗突破

不動産テックに特化した業界垂直統合SaaS「いえらぶCLOUD」を提供する株式会社いえらぶGROUPは、「いえらぶCLOUD」内でチラシを作成できる「チラシ自由編集機能」の利用が3,000店舗を突破したことをお知らせします。

■背景
不動産業務においてチラシを作成する作業は、毎日更新される物件情報を入力し、レイアウトを考える必要があり、大きな負担です。見やすく目立つチラシを作成するには作成者の技量も問われます。

従来、不動産専門クラウド型システムのチラシ作成機能は、編集における自由度の少なさがネックとなっており、「画像を入れる位置が限られる」「画像の切り出しや回転ができない」などの声がありました。一方で、不動産専門でないデザイン編集ソフトは、細かい編集が可能なものの、操作の難易度が高く、不動産業に携わる方が利用しづらいものでした。

「もっと自由にチラシを編集したい」というお客様の声に応え、いえらぶGROUPは2017年12月に「チラシ自由編集機能」をリリースいたしました。その後多くの不動産会社様にご利用いただき、利用社数が3,000店舗を突破しました。

■「チラシ自由編集機能」とは
いえらぶの「チラシ自由編集機能」の特徴は、物件情報の自動反映とデザインの自由度の高さを同時に実現した点にあります。

・特徴①物件情報の自動反映
いえらぶCLOUD内の物件情報がチラシに入力された状態から作成できるため、業務時間が大幅に短縮されます。
作成したチラシは各機能と連携し、業者間サイト・BtoBのポータルサイトへの公開や、顧客への送付が簡単に可能です。

・特徴②デザインの自由度の高さ
他のソフトを使わずとも「好みの位置への画像の移動」「新たなテキストボックスの追加」「自社アイコンの追加」などができ、簡単で自由度の高い編集が可能です。
また、利用されているデータを解析し、新しいひな型や機能の追加も随時行っています。

(詳細はこちら)https://ielove-cloud.jp/system/functions/flyer/

■導入企業の事例
元々システム内に保存されているチラシを営業担当が確認し、各サイトでアップを行っていました。
しかしいえらぶCLOUDの導入により、自動でサイトへのアップロードができるようになった結果、それまで1物件20分程度かかっていた業務が最短1分に短縮されました。
空室情報の掲載スピードが上がり、より多くのサイト来訪者の目に触れるようになったため、空室率の改善につながっています。

お問い合わせはこちら

ニュース一覧