いえらぶ > ブログ > 記事詳細

  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark
  • LINEで送る
  • pocket

やる人はやるし、やらない人はやらない|24歳、新卒社長が思うこと

いえらぶコミュニケーションズの松木です。


24歳の新卒社長


ベンチャーに就職し、グループ会社の代表になって、気付けば1年が経ちました。

4月になると、希望と不安を抱きながら、新入社員が入社しますよね。僕も2年前にはその1人でした。

入社後、結果を出した人が、だいたいキャリアアップしていくことになります。

大手とベンチャーはどっちがいいのかってよく比較されます。


大手企業とベンチャーってどっちがいいのか?


大手企業とベンチャーは、「どちらが、より成長できるか」や、「どちらが、スキルが身につく」など比較されるでしょう。

結局、大手企業でもベンチャー企業でも、どこの企業に就職しようが、きっと『やる奴はやるし、やらない奴はやらない』と思います。

「やっぱりやる奴のほうがかっこいいじゃん」って僕は思います。

何でもいいんですけど、何かに頑張ってる人って、かっこいいじゃないですか。

口だけ達者でかっこいいことを言っていても、実際に口に出したことを行動するのは、実際は難しいです。

すぐやる。必ずやる。できるまでやるんだっていう強い気持ちがなくては、継続して頑張ることはできません。

年初めの元旦に立てた目標をやり切る人って、なかなかいないのではないでしょうか。

『やる人』と『やらない人』がいたら、僕は『やる人』のほうがかっこいいと思います。

自分との約束を守れる人、自分で言ったことを遂行する人には、道が開けます。

だから、自分自身がそうでありたいし、挑戦し続けたいんです。


仕事が楽しいとかつまらないとかは関係ない


この前、「仕事、楽しそうですね!」と言われました。

仕事が楽しいというよりも、単に仕事に対しての姿勢の違いだと思います。

『楽しいか楽しくないか』じゃなくて、『楽しむか、それとも絶対楽しむか』です。

なんでも楽しもうと思えば楽しくなってきます。

挑戦すれば、失敗することもありますが、それでも失敗は成功するための学びだと思えば、臆せず挑戦ができますよ。

どんどん挑戦して、自分の哲学を表現していきたいですね!


ページトップ

戻る