社員インタビュー05新卒2年目で会社設立、
今描く業界の未来

松木 - いえらぶコミュニケーションズ代表2014年就任

QUESTION1どんな経緯でグループ会社の社長になられましたか
内定者にも関わらず、新規事業の立ち上げに携わることになりました

年間を通して、新規事業のアイデアはいくつも出てきます。そんな中で、事業化することによって、これまでのスケールメリットを生かして参入できる絶好の領域がありました。タイミングよく、ちょうど、当時は内定者として、様々なことに挑戦していたこともあり、自分の中では、そういった新規事業のアイデアに手を挙げて挑戦をするというのは自然の流れでした。若手の人材に任せていくベンチャーらしい文化があるため、内定者にも関わらず、新規事業の立ち上げに携わることになりました。 入社後は、「事業を立ち上げるフェイズ」から「伸ばしていくフェイズ」に変わっていき、そこで、ブレイクスルーを起こし、さらに事業を加速させていくためにグループ会社として代表を務めることになりました。

QUESTION2今どんな事業をされていますか
業務の効率化や付帯収益となる提案をしております

私たちが不動産業務の基幹システムを提供している会社様に対して、業務の効率化や付帯収益となる提案をしております。
最近のトレンドとしては、入居するお客様を不動産会社からご紹介いただき、ライフラインの手続きのサポートを一貫して行っております。スムーズな新生活を始められるようにご案内をしております。
法人としても5期目を迎え、新卒メンバーもいよいよアサインするなど、拡大期に入っています。

QUESTION3今後において、どんな可能性を感じていますか
業界を塗り替えるメガベンチャーに。
~リアルエステートテックのリーディングカンパニー~

業界を塗り替えるメガベンチャーに。
~リアルエステートテックのリーディングカンパニー~

不動産業界は、最もアナログな業界のひとつと言われることがあります。
近年、リアルエステートテックという言葉にあるように、不動産業界は転換期を迎えています。
ここ数年での技術革新はより加速していき、不動産業界の仕組み自体を塗り替える、そんな可能性があります。
私たちのサービスは今までの見識とノウハウが貯まってますし、なんといってもデータも貯まっている一つの大きなプラットフォームとも言えます。
そのプラットフォームという利を活かして、いえらぶはテクノロジーの力で業界をもっと便利にし、ユーザーの安心な住まい探しを実現していきます。

EXTRA QUESTIONいえらぶの
よいところ・悪いところ
いいところは、若い人が多く、エネルギーに満ち溢れているところです。 業界を変えていくようなマグマのようなエネルギーがあります。その勢いというのは間違いなく、事業スピードに活かされてるなと感じます。
チームワークを重視する際に、競争意識が薄れる部分はありますよね。 「人がいい」と言えば聞こえはいいかもしれませんが、やっぱり仕事では成果を出すのがまず大事だと思うので、ハングリー精神を持ち続ける人は一人でも増やしたいですね。

INTERVIEW 06 エンジニアだからこそ持つ
「業界を変える影響力」

ENTRY

MENU

ENTRY

社員インタビュー
INTERVIEW 01 「同期"対談"」
INTERVIEW 02 「コンサルタント」
INTERVIEW 03 「エンジニア」
INTERVIEW 04 「新規営業"対談"」
INTERVIEW 05 「グループ会社代表」
INTERVIEW 06 「エンジニア"対談"」
INTERVIEW 07 「グループ会社"対談"」
会社紹介
会社説明会
事業案内
会社概要
VRオフィス見学
募集要項
クリエイティブ職
営業・コンサルタント職
コーポレート職
新規事業総合職
総合職
×