いえらぶ > 採用 採用情報 > 社員インタビュー

  • facebook
  • twitter

社員インタビュー02STAFF INTERVIEW 02

自らの頭脳で新サービスを創出する
敏腕WEBディレクター

これが私の仕事です

ディレクター業務では、WEBサイトやアプリ等を作成する際、どのようなメディアにするか企画や計画を立て、デザイナー、プログラマー、コーディング担当の制作スタッフをまとめてプロジェクト全体の進行管理や品質管理を行っています。仕事を通して一番面白いと感じる瞬間は、自分が思い描いたものが実際に形になっていくところを見られる点です。例えば自分が企画した時点では、紙に書いた雑なラフデザインなのですが、それを元にデザイナーがきれいなデザインを作成してくれます。そのきれいなデザインを元にプログラマーやコーディング担当が実際にサイトやアプリを作ってくれるため、実際に触って動かすことができます。思い描いただけでは夢物語ですが、実際にできあがったものを触れると何とも言えない満足感を得られます。

だからこの仕事が好き

スマートフォン用アプリの企画をカンボジア支社で開発することになった時、正直最初は「大丈夫かな。」という不安でいっぱいでした。案の定、拙い英語のメールでやり取りしたり、現地の日本人スタッフに依頼して訳したりと、手を変え品を変えて伝えるのですが、こちらの意図と全然違う仕様になってしまうことも多々ありました。そんな折にカンボジア出張に行かせていただく機会をいただきました。実際に会ったメンバーはとても優秀で仕様をすぐ理解し、たくさんの提案までしてくれて、メンバーの本気さが伝わり、より良いアプリを作ろうと決意を新たにしました。それからは自然とコミュニケーションがうまくとれるようになり、開発も順調に進みました。

いえらぶGROUPを選んだ理由

約5年前、当時まだ学生だった頃にたまたまこの会社のことを知りました。当時は起業したばかりで社員数も10名程度の超アーリーステージで、正直この会社大丈夫かなと思っていました。そんな心配とは裏腹に、その後社員数は増え、会社の売り上げも比例して伸びていて、正直驚きました。ほとんどが新卒数年目の若い人材で構成されている企業がものすごい成長を実現している、これは何か秘密があるのではと思い、話を聞きにいきました。わかったことは、とにかく若い人でも平等にチャンスを与える企業文化。実際新卒1年目でも新規事業の責任者をやらせることもあります。もちろん知識も経験もないため失敗の連続ですが、諦めずに続けて事業が軌道に乗ると本当に楽しそうですし、成長も感じます。そういった企業文化に魅かれて私は入社を決めました。

スタッフイメージ

スタッフフッタータイトル

  • スタッフリスト01
  • スタッフリスト02
  • スタッフリスト03