いえらぶ > ニュース いえらぶユーザーのアンケート結果公表 住まいの条件から導けるホームページの見せ方とは?

  • facebook
  • twitter

いえらぶユーザーのアンケート結果公表 住まいの条件から導けるホームページの見せ方とは?

2011-09-12   pdf

不動産ポータルサイトいえらぶを運営する株式会社いえらぶGROUP(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:岩名泰介)はいえらぶのユーザー約1000人に不動産・住まいに関するアンケート調査を行いましたので、調査結果をお知らせいたします。



■住まいの条件、価格を重視は当たり前

 いえらぶでお問い合わせをしていただいたユーザー約1000人に実施したアンケートにて、「住まい選びの条件は?」(複数回答あり)という質問に対する回答の約7割が「価格(家賃)」という回答でした。やはり今の時代、価格(家賃)を気にせずに不動産を契約する人は少ないといえます。その次に高い割合を占めたのが「駅から近い」で42%で、「周辺環境」が39%、「間取り」が38%で続いています。

住まい探しのきっかけ


■7割のユーザーの求める情報の見せ方

インターネットのユーザーが求めている情報として、価格(家賃)が欠かせないというのがこの調査ではっきりとしましたが、ここで重要なのはこの7割のユーザーが判断材料にしている「価格(家賃)」という項目は“はっきりと目に留まる”ように表示しなければならないということです。ただ載せているだけではここまでユーザーが重要視している項目を訴えかけるのに不十分といえます。また、上位に入っていた「駅からの距離」「周辺環境」「間取り」も確実に入力し、物件一覧ページや物件詳細ページでわかりやすく表示させることで反響に繋がるとも考えられます。特に周辺環境はおろそかになりがちですが、周辺環境画像を入力することで他社との差別化につながり、ユーザーからも「有益な情報が多いサイト」と認めてもらえるため、非常に重要になっています。


いえらぶ賃貸



■ユーザー視点でのホームページ作り

これらの調査から、不動産ホームページでは上位の割合を占めている価格(家賃)や間取り、周辺環境などのユーザーが求める情報をわかりやすく、豊富に公開することが求められます。弊社の不動産検索Lab2のホームページでは価格(家賃)は赤字で強調表示、物件の画像数20枚などとユーザーが求める情報を確実に伝えられるように作られています。ユーザーの求める情報をしっかりと示せるホームページを作るためには非常に有効なツールといえます。

今回はいえらぶで行ったアンケートの結果を掲載させていただきました。今後も調査結果の報告等を通して、皆様のお役に立てる情報などを発信していきたいと思っております。


いえらぶ不動産会社検索

【関連URL】


いえらぶ: http://www.ielove.jp/

いえらぶ賃貸: http://www.5star-room.com

いえらぶ不動産: http://www.sumi-navi.jp/

不動産会社相談:http://www.e-s-navi.jp/soudan/




【本リリースに関するお問い合わせ】

株式会社いえらぶGROUP

東京都新宿区西新宿1-23-3 廣和ビル3階

担当 : 広報広告局 

TEL : 03-6911-3955

FAX : 03-6911-3956

E-mai: recrult@estate-serach.jp